薄毛の種類

薄毛の種類・大きく6つ

 

O字タイプ

頭のてっぺんから薄毛が円状に広がっていくタイプ、男女ともに沢山、ストレスに敏感な人、肩や首がコリやすく血圧が高くなりがち。

血液ドロドロで毛細血管を通りにくいため、毛母細胞まで栄養が行きづらくなっています。

M字タイプ

剃り込みから薄くなっていくタイプ、男性に多くみられる、眼精疲労の方が一方ならぬ。

後頭部や目の周りの血行が粗宴のと、目を使いすぎて自律神経が興奮しています。
夜は12時前には眠りたいです。
寝る3時間前には、スマホ・パソコン・テレビを消して見ないようにして望むです。

A字タイプ
中央から一直線に薄くなっていくタイプ、男性に多くみられる、こちらも目を酷使している。

M字A字タイプ共にホルモンバランスが乱れている事がうんと。

全体タイプ

全体的に薄くなっていくタイプ、女性に多く見られる、疲れがたまっていませんか?

血圧が低くて、血液を頭皮まで巡らせる力が病弱ので、足を使ってください。
歩くとか、ふくらはぎの筋トレとかが必要。

分け目タイプ

分け目から薄くなっていくタイプ、女性に多く見られる、疲れや緊張でまいっています。

体温が低かったり、皮膚の抵抗力が華奢人が多端。
冷や冷や物を食べるのをひかえる、水は常温で飲む【氷は入れない!】

血圧の低さは「全体タイプ」と同様。
上の動画推奨。
足を使いましょう。

耳まわりタイプ

耳の周辺から薄くなっていくタイプ、円形脱毛症などの病気と関連が沢山。
ものすごいストレスがあります。
とくに首がカチコチに硬くなっています。

胃の惰弱人であれば、胃痛や胃潰瘍になるでしょうし、肝臓の虚弱人は肝臓をやられます。
それが頭皮にきた場合は、脱毛症や薄毛を促進することになります。

まとめ
薄毛・脱毛には、いろいろな原因があります。

自律神経失調やホルモンバランスの乱れなどが「身体の健康のバランス」を崩すことで目に見える変化が出て来ます。

本人に自覚症状がなく、ある日突如に発見して「えっ!?」と驚くことになるのです。

育毛剤やウイッグを使っている間に、自律神経やホルモンバランスを戻し、頭皮のダメージを少なくしていき、健康を回復させることが何よりの解決方法になりますよ!