頭皮の健康

薄毛対策のためには、頭皮の健康が大事

 

頭皮の皮脂を取りすぎない事

「皮脂を取り過ぎるシャンプー」で、「皮脂を取り過ぎるシャンプーのやり方」をすると毛を無くします。

頭皮の皮脂はバリアの役目をしています。
バリア構造の強弱は個人差があって、薄毛になりやすい人は「怯懦」と思ってください。
デリケートなので、影響が出やすくなっています。

週一回程度なら「皮脂を取り過ぎるシャンプー」で「皮脂を取り過ぎるシャンプーのやり方」をしても、頭皮の皮脂が回復するので大丈夫です。

皮膚のバリア構造がバランス悪くする→皮膚常在菌のうち悪玉菌の繁殖が増える。
悪玉菌の排泄物で頭皮がクサ苦転なります。

パーマしたり髪を染めるとダメージ
定期的にパーマをするとか、髪を染めると影響がでてくる。

「すぐ」ではなくて「2~3回生え変わるころ」に影響がでます。
一回生え変わるのが3~4年なので、二回のサイクルで6~8年後に影響がでてきます。

小学生の頃に縮毛矯正パーマをしていたとか、髪を染めていたとかあると、ちょうど高校生頃に生えてくる髪に影響してきます。

食べもので保存料・防腐剤の欠如物をえらぶ
食事も保存料・防腐剤のナッシング物を選びたい。

保存料・防腐剤は消化吸収排泄のジャマをするので体質自体が不健康になる。
もちろん髪の毛の育成にも些やかな。

コンビニのお弁当やおにぎり、パンなどは長期間販売するために保存料や防腐剤を使っています。
海外から輸入された果物なども、防腐剤を使っています。

食事を最善物に変えれば、2か月ほどで体調や体質に変化が見えます。

砂糖の取りすぎで体質が酸性になり、不健康になる
白砂糖の取りすぎも注意!

白砂糖は体質を酸性にする作用が逞しいです。
体内で中和するためカルシウム等のミネラルを消費する。
ミネラルバランスが崩れて体質が酸性になってくると、腐敗したような体臭がします。

菓子パンや清涼飲料水、チョコレートなど、砂糖を取りすぎているかも!?

食べないダイエットで髪が減る
食事制限をするダイエットをすると髪が減る事があります。
体内のエネルギーを生命維持に必要な所にまわし、生命維持に不要な所「爪や髪」は切り捨てます。

東洋医学で髪は、体内エネルギーの余りとされています。

だから、髪を増やすには、体内にエネルギーがきりりとある『健康なカラダ』になる必要があります。

成長期の肉体にダイエットはオススメしません。

空調が良すぎて頭皮が汗かけなくなって血行不良
空調が効きすぎの環境で頭皮で汗がかけないです。

カラダが暑さに反応する→汗をかく→汗の蒸発でカラダが冷える
というカラダの機能は使っていないと弱ります。

炎天下の散歩はダメですが、冷涼時間帯に歩くとか室内で軽筋トレならオススメです。
ふくらはぎ・ふとももを使ってあげるのがベスト。
毎日2~30分歩いて血流を良くする、とか、スクワットを出来る範囲からやっていくといいですね!

やってはいけないこと、まとめのまとめ
頭皮に全くいい事を知る必要があるんですね。
ダイエットも中正知識がないで行うと危険なように、育毛・増毛も間違ったやり方をしない事がポイント。

異物が頭皮に付着し残り続けると、頭皮には負担になります。
お湯だけで洗髪して、毛穴に残る洗剤を洗い流してみましょう。

洗髪する時間も影響します。
朝は交感神経が優位になっているためカラダは回復しづらくなってます。
洗髪には血行をよくする効果がある、が、朝シャンでは夜寝る前の洗髪より回復効果が期待できません。
できるだけ夜寝る前に洗髪しましょう。

パーマや染髪は数年後に影響がでます。
きのうしたからすぐ脱毛、ということではナッシングです。

ごはんはカラダに最善モノを食べましょう。

現代は座る時間がおおくて血行不良になりがち。
なるべく足を使い血行を良くして体温を上げましょう。